一般社団法人 日本乳癌学会

会員ログイン English

市民のみなさまへ

ごあいさつ

最終更新日:2021年4月6日

2018年6月に理事長を拝命しまもなく3年になります。この度、ホームページの刷新に伴い改めてご挨拶を申し上げます。

就任に当たり、私はミッションとして「国民が安心できる乳癌診療を提供する」こと、ビジョンとして「次の10年に向けて学会の活性化を図る」ことを掲げました。この3年間の大きな出来事として、乳房再建に関連する悪性リンパ腫による人工乳房の回収と乳房再建術の一時停滞がありました。遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に関与するBRCA遺伝子の検査と治療薬が保険収載されました。さらに、HBOC患者の遺伝カウンセリングとリスク低減乳房切除術が保険収載されました。一方、新型コロナによる乳癌診療への影響が、引き続き憂慮されます。

乳癌は画像診断と組織生検からがんの性質を判断して、手術療法、薬物療法、放射線療法を適切に組み合わせた治療が行われます。進行再発乳癌は薬物療法と放射線療法によって病勢を抑えて質の高い生活を保つことが目標であり、エビデンスに基づいた情報を患者・家族と共有して治療を選択することが重要となります。そこで、学会として患者向けガイドラインを適宜改訂しています。また、乳腺専門医の育成を通して乳癌診療の質の向上に努めています。NCD(National Clinical database)への乳癌登録を活用して、日本人乳癌の特性を明らかにします。その成果は、日本語の要約としてホームページからご覧になれます。さらに、国際学会との連携を深めて若手医師や研究者の活動を支援します。

新型コロナと共に生きる時代では、感染症対策が全てに優先されます。変異株の流行など依然として厳しい状況ですが、本学会は来年30周年を迎えます。1964年に発足した乳癌研究会から数えますと60年近くになります。そこで、30周年の記念誌の発刊と記念式典を企画しています。本学会の活動に対して、皆様の温かいご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人日本乳癌学会 理事長 井本 滋

このページの先頭へ